2019年春おすすめマッチングアプリ(その1)

 今回は、ぼくが今まで使ってきたマッチングアプリを紹介したい。
 もちろん、どこからもお金をもらったりはしていない。本当に自分で使ってみての感想を述べていく。
 これが、今からマッチングアプリを使っていこうと思っている皆さんの役に立てば、と思っている。



今回取り上げるアプリ
 1. Omiai

 2. Pairs(ペアーズ)



 1. Omiai


 言わずと知れた、マッチングアプリ定番中の定番を、まずは紹介しよう。
 何を隠そう、ぼくが初めて手を出したのも、このアプリだった

 今でこそ、やや時代遅れ感も否めない存在ではあるが、リリース当時はFacebookをベースにオンラインで知らない人と出会えるという斬新な方法に、多くの人が集まった。大学生くらいの若い子から、バツイチなのか死別なのか、そこそこの歳で訳ありの女性まで、幅広い年代が集まっており、マッチングも成立しやすかったように思う。
 今は、他のアプリがいろいろ出てきて、若年層がそちらに流れてしまった影響もあるのか、ユーザーの年齢層はやや高めかな、と感じる。


 一応、「Facebook認証が必要だから、安心・安全」ということを謳っているが、たまにFacebookの友人数がゼロとか一桁の人もいたりするので、油断はできない
 とは言え、サクラはたぶんいない。仮に満足いかない使用感だったとしても、月額3,980円でメッセージし放題という定額制で、悪徳出会い系サイトのように高額請求される心配もないので、まずは試してみるのもいいだろう。

 課金していなくても、毎日ログインすることで、「いいかも」を送れるポイントをもらえて、無料でアプローチできるオススメユーザーも表示されるので、まずはアプリをインストールして、こまめに見る癖をつけたい。
 定額の範囲内で、マッチした相手とのメッセージは自由。しかし、多くの女性とやり取りしているうちに、埋もれていってしまうものもあり、早めにLINEに移行することを心掛ける必要もあるだろう。

 なお、有料会員に対して、更にプレミアムパックという特典がつくコースが薦められるが、ぼくは一度も使ったことがないし、必要とも感じない。1か月の有料会員登録だけで、十分結果を出せるはずだ。


 ぼくはこのアプリで、未成年の学生さんから、出会いの減少に嘆くアラサーまで、10人ほどの女性とセックスしてきた。
 Omiaiでマッチングアプリデビューという人も少なくない。やや身持ちが固いと言うか、真面目な出会いを求める人が多いのが特徴。最初は真面目な話から入り、実際に会ってからグッと距離を縮めていくようなアプローチが効果的と考える。



 2. Pairs(ペアーズ)


 Omiaiと双璧をなす定番アプリと言えば、これだろう。
 怪しい教材のメルマガ(勝手に登録されて、送り付けられる)などでは「Pairsで簡単にかわいい女の子とセックスできた!」というような煽り文句のものが多く、Omiaiと比べてややライトな立ち位置からも、真剣交際ではないカジュアルな関係を求める人々が集う傾向が見える。
 もちろん、世の中そんなに甘いことはなく、何の努力もしない男がPairsを使っただけで楽にセックスできるなどということはないので、念のため。

 ぼくはこのアプリで、二十代前半の、ドMで変態の看護師セフレを手に入れたことがある。しかも、初対面で軽くデートして、そのまま部屋に遊びに行き、寝落ちしたところに手を出してみたら、向こうもその気になって跨ってきた、という夢のような話。
 Omiaiよりは軽めの女の子が多いので、積極的に下ネタを織り交ぜて話したい向きには、ちょうどいいアプリかもしれない。
 料金も、男性月額3,480円と、Omiaiより少しライト。飲み会1回より安価に女の子と知り合えるのなら、使う価値はあるはずだ。


 ただし、前述の情報商材などで、あまりにも遊び目的の男が増え過ぎたためか、女性側がちょっと引いているような印象もあったりする。
 最近のユーザーの傾向を見ていると、ともだち作りなどの目的で使う若い女の子は別のアプリに流れていて、Pairsユーザーはやや年齢高めに推移。Omiaiとそれほど変わらない状況になっているように、ぼくは感じる。

 必然的に、若い子には多くの男が群がるわけで、その中でいかに差別化してアピールできるか、真剣にプロフィール記入していかないと、かつてほどの結果は出にくいだろう。



 まだまだ紹介したいアプリはたくさんあるが、一旦止めて、続きは次回。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *