マッチングアプリで外国人と遊べるかin東京

 今回は、「普通の男子が東京にいて、マッチングアプリで外国人の女の子と知り合って、うまいこと遊べるか」ということを、ぼくの経験を通じて考えていきたい。
 特にエロい要素はないので、こんな文章も書けるんだ、という程度に考えていただければと思う。



 結論から先に言ってしまうと、アジア系の女子と遊ぶのは、それほど難しいことではない黒人は希少価値があるので、ややハードルが高い(単純に、マッチングする可能性が低い)。そして、白人は競争率高過ぎで、ほとんど期待できない
 これは東京に限らず、日本国内の、ある程度「都会」と呼ばれる土地であれば、どこでも同じことだろうが、アジア系の女性は、住んでいる人と、旅行で来ている人、両方合わせて、けっこうな数がいるTinderなどの位置情報を基にしたマッチングアプリを使いこなしていれば、仲良くなるのはそんなに難しくないはずだ。


 それに対して、「難しい!」と感じるのは、白人と黒人。アプリでマッチングする可能性はゼロではないものの、絶対数が少ないのと、狙っている男性が多いため、会話がきちんと続いて盛り上がる可能性は高くない
 そして、最初のデートで軽くセックスしてくれるような女性は、ほぼいない、というところも、難しさを増す問題だ。欧米の女性は、付き合う前に肉体関係を持つことも少なくないようだが、それは、あくまでも「付き合うかどうかを判断する」ため。ワンナイトの相手に気軽に体を許すほど甘くはない。
 特に日本に住んでいる女性の場合、言い寄ってくる男はいくらでもいるので、こっちが焦って関係を迫ると、軽く逃げてしまうだろう。

 ぼくは、今までに白人女性とセックスした経験はない黒人は、ケニアから来ている大学生の女の子としたことはある。意外と思われるかもしれないが、非アジア圏の女性とした回数は、極端に少ないのだ。
 そのケニア女子は、少し汗ばんだ、しっとりした肌が日本人とは全然違って、ただ肌を重ねているだけなのに、絶妙な密着具合。あれは興奮した。
 アジア人ほど軽くはないものの、白人ほど競争率が高くないこともあり、丁寧に口説いて「付き合ってもいいかな」と思わせれば、セックスに持ち込むのは十分可能だ


Tinderにいる白人女性について
 Tinderをやっていると、やたらセクシーな白人女性とマッチすることがある。プロフィールを見ると、Instagramのアカウントが書いてあって、そっちにはセクシーな写真がたくさん。
 いかにも男好きしそうな感じで、いけるんじゃないかと思ってしまうが、InstagramのDMで会話を始めると、突然「ウェブのショーで順位を競っているので、投票してほしい」という、謎のお願いが始まる。お金はほとんどかからないと言われるが、果たしてこれに騙されると、一体どういう結末が待っているのだろうか。ぼくは怖くて挑戦したことがない。
 なお、全く同じ文句で話が展開する女性が何人もいるので、これは「たまたま」の現象ではないと思う。恐らく、裏に何らかの詐欺集団が控えているのだろう。



 さて、最も狙いやすいアジア人。一口に「アジア」と言っても、韓国・中国の東アジアから、フィリピン・タイ・インドネシアあたりの東南アジア、更にインド周辺の西アジアまで、範囲は広い。ぼくは知りあったことないが、「○○スタン」と名の付く中央アジア出身の、ほどよくアジア離れした雰囲気の女性もいる。

 ぼくは今までに韓国/台湾/フィリピン/タイ/インドネシアの女性と関係を持ったことがあるが、それぞれに特徴があってよかった。
 いずれも、日本に憧れがあって来ているので、日本人の男子に悪いイメージは持っていない。むしろ、日本人と仲良くなり、日本文化をいろいろ学びたい、というポジティブな発想の子が多いように思う。それを口説くのは、難しいことではないはずだ。



 以上、アジア系を中心に、日本(特に東京)にいながら、マッチングアプリで外国人と遊ぶことは十分可能だということがわかった。
 これから、ぼくが今まで遊んだ外国人の女の子を具体的に振り返りつつ、どうやって落としていくのがいいか、という話をしていきたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *