Tinderで出会える典型的な女子って?(その3)

だいぶ長くなったが、今回が最後。ぜひお付き合いいただきたい。


■海外の常識は日本の非常識?■


 部屋に入り、軽く打ち解けてから、「実はセックスしたいんだよね」と言って服を脱がすと、ここでも抵抗しない。ふたりっきりになったら、セックスするのは当たり前と思っているのかどうか、淡々と事が進んでいく。
 ぼくはこのとき、「シャワーを浴びて、その間に覚めたら嫌だな」と思い、フェラもクンニも省略して、軽い手マンからすぐに挿入という流れにした。もしかしたら、たっぷり前戯をする方が、何かしら面白い展開もあったのかもしれないが、変に警戒心を抱かせるわけにはいかず、とにかく流れで最後まで持ち込みたかったので、スピード重視にした次第。

 毎度のことだが、海外が長い女子は、コンドームをつけることが常識になっていることもあり、生で挿入しようとすると、激しく拒否される傾向がある。このときも、「怒られたら嫌だなぁ」と内心ビクビクしつつ、黙って生のチンコをあてがうと、予想外に無反応。そのまま入れてみて、動かしている間も、何も言わない。
 追々聞いても、ピルを使っているという話は一度も出なかったので、頭がいいと思わせて、ちょっと抜けている人だったのだろうか。男にとっては、都合の良過ぎる発想の女子だった。その後、気持ち良過ぎて、「このまま出していい?」と聞いてみたら、「うん、いいよ!」と言われたのは、更に予想外。
 海外ではコンドームをつけるのが常識だとして、日本人男子がごく当たり前のように生で入れようとすると、「あれっ、ゴムつけるのって日本では非常識なのかな?」と思って、何も言わなかったのかもしれない。不思議な話ではあるが、男にとっては好都合。ありがたい話だ。


■まとめ■


 外国人とか、外国人慣れしていて態度の大きい日本人女子を攻略するのは、気の小さい我々日本育ちの男子にとって、気後れする要素もある。ただ、それを補って余りある収穫があったりするのが、異文化のおもしろいところ。
 振り返ってみれば、(以前の記事に書いたアメリカの軍人さんのような)外国人と楽しく遊べてラッキー、という案件も少なくなかった。これからも様々な背景を持った女の子と遊ぶべく頑張っていきたいと思う。と同時に、このブログで、マッチングアプリを最大限活用する方法を解説していければと考えている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *