シェアハウス住まいのTinder女子と声を押し殺してイチャイチャした話(その1)

Tinderを使っている女子は、(今は違うかもしれないが)流行に敏感なタイプがけっこう多い。流行のアプリをいち早く使っているのだから、当然だろう。
 今回は、やはり流行の「シェアハウス」に住む女子とマッチして、赤の他人とひとつ屋根の下で暮らす部屋に潜入し、ちゃっかりセックスまで楽しんだ話をしたい。



 第一印象は普通の女の子

 例によって例のごとく、Tinderをマメにチェックしつつ、スワイプする作業を続けていた日のこと。新たなマッチの通知があって確認したところ、正直「ごく普通」の女子とマッチしたらしい。
 その子を、仮にくみちゃんとしておこう。九州出身の元気な女の子で、歳は二十代半ば。大学を卒業してから東京に来て真面目に働いている、ということは、プロフィールからすぐにわかった。

 とりあえず仲良くなっておくか、と思い、メッセージを開始。軽く挨拶すると、すぐに返事が来て、お互いの仕事のことなどをあれこれ。すぐにLINEに移行したのはいつも通り。
 そうなると、今度は会う段取りに入ることとなる。平日の日中は仕事がまぁまぁ忙しく、休みは土日。趣味に費やしたり、部屋でのんびりしたり。ここまで、一日に何十通もLINEのメッセージをやり取りしていたが、そこまでの特徴と言うか、ほかの女の子との差も感じず、やっぱり「普通の女の子」という印象のままだった



 しっかり者? 今どきの節約女子との飲みへ

 くみちゃんと実際に会ったのは、マッチしてから数週間経っただろうか、金曜の夜だった。この日は比較的早めに仕事を終えられる、というのを確認して、飲みに行くことに。
 偶然にも、くみちゃんが住んでいる最寄り駅は、ぼくが何年か前まで住んでいたところ。わりと長く住んでいたこともあって、土地勘はある。地元ネタでもちょっと盛り上がり、ひとまずその駅前で待ち合わせすることになった。くみちゃんはひとり暮らし。その家の近所で自然に待ち合わせできるというのは、幸先のいい話だ。

 いよいよ当日。少し早く着いて駅前をぶらぶらしていると、住んでいた頃から変わらない、懐かしい雰囲気の商店街などもあって、女の子と会う前からちょっとテンションが上がる。安くておいしい居酒屋とか、住んでないと掴めない情報も思い出されて、楽しくなってきた。
 と、くみちゃんから、到着の連絡が。早速、駅前に舞い戻り、合流すると、うーん、やっぱり普通! 背が高いわけでもなく、スタイルがいいわけでもなく、顔もナチュラルな感じで、よく言えば「見ていて疲れない」。ほっとする反面、グッとくるところもないんだよなぁ、と思いながら、ひとまず近くの居酒屋に入ったのだった。

 さて、無事に着席して、まずはビール。適当につまみを注文して、お喋り。LINEで散々話してきたこともあり、お互いの素性はある程度わかっているので、今さら驚くような話も出て来ないが、会って話してみると、オンラインとはまたちょっと違う印象を抱く部分もある
 くみちゃんの、実際に会ってみてびっくりしたところと言えば、経済的にしっかりしているところだろうか男に金を使わせることに躊躇いのない女の多い世の中で、「お互いに一銭でも削れたら、それが一番だよね」みたいなことを言ってくる。今回入った居酒屋も高級店などではなく、むしろ庶民的な方なのだが、「楽しく飲めればいい」というスタンスのくみちゃんは、それでも十分満足してくれているようだった。

 ビールからハイボールや日本酒に移り、お互いいい感じに出来上がってきたのは、入店から2時間弱が経過した頃。場の雰囲気も盛り上がり、次のステージに移るには、ちょうどいいと判断した。



 次回は、居酒屋を出てから、くみちゃんの部屋訪問を打診したくだりを振り返っていきたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *